ベルジアンシェパードドッグのアヴュール君がお泊りでした。

 

今まではケージや仕切りを利用して泊っていただきましたが、

6月の群馬県南部で観測史上初の震源地になったことから、

防災面で今後一切のお泊りは絶対にクレートを使うと決意!

早速、簡単に済まないであろうトレーニングを受けて頂きました。

 

学ぶ際は空腹の方が良いので、朝ご飯は抜きで来ていただき、

クレートを広い所で周りから見せて、徐々に近寄せ存在に慣れさせます。

 

これは、馬術の障害競技の練習を参考にしました。

植込みや水、堀など、派手な構成の障害物を飛ばせる練習の際、

怖がりな馬には、まずは近づいて慣れさせるのです。

 

アヴュール君にもゆっくり時間をかけて見せて、

誘導しながら、お尻を少し押してあげたらスタスタと入りました。

 

さすが、持てる能力のなせる技と言えますが、

覚える段取りと費やす時間と労力が違いました。

 

そして、クレートに入ったら終わりではありません。

「この中、イイネ!」とまた入りたくなるように定着するには、

とびっきりのご褒美が必要です。

 

教える際によく私が使うのは、

ムーラムーラというフリーズドライのオヤツです。

MooraMoora

素材を乾燥させただけのオヤツ。

香りが良いですが、人が不快な肉肉しさはありません。

 

トレーニングで犬を誘導する時、指で持っていても存在感があり、

崩れにくくて、惹きつけられる、最高のアイテムです。

 

ペットのオヤツはペットフード程厳しい基準がありません。

それに、オヤツは補助として使うものですから、

添加物ばかりの安価で簡単に手に入る物を使用せず、

良質な特別な物を、少しずつ使うように心掛けると、

更に惹きつけ易くなりますよ。

 

オヤツこそ、良質な物を使いましょう!

▼オススメ商品