子犬を迎えたおうちにしつけ相談に伺いました。

パグの女の子、4ヶ月のまるちゃんです。

お悩みは、

とにかく興奮が激しいです。
サークルから出すと一瞬たりとも止まりません。
近寄ってきては甘噛み…
叱りますが、興奮で聞いていない?ようです。

トイレも、サークル内はシートにしてくれますが、サークルの外は走り回って認識せずです。
音や新しいことに対して、臆病なところがあるように感じます。
何とか動きを止めるにはどうしたものかと、早くも頭を悩ませています。

という訳です。

3か月齢でお迎えして現在4か月齢。
すでに飼い主様をコントロールして君臨していました。
犬ってすごいですね!

この時期に飼い主さまが覚えておくと良いことや、病院やフードの疑問アレコレなど、
違った立ち位置からご説明をさせていただきました。

 

子犬の暮らしに必要なのはクレート

子犬なのに?と思うかも知れません。

3,4ヶ月の子犬は人でいうとまだまだ幼児で、好奇心旺盛。

目に映る物、目の前の物はなんでもオモチャなのです。

そして毎日、こんな楽しいこと初めてー!見たことなーい!わーい!の連続です。

興奮するのも無理はありません。

その興奮を冷ますために、静かな一人部屋が必要でクレートを使うのです。

トイレのしつけにはクレートが必要

トイレを成功させるために、まず体を管理します。

飼い主さまは排泄のタイミングを知り、犬は排泄する感覚をつかみ、我慢する事を覚えます。

ケージの中にトイレとベッドを並べておくのが普通かと思いますが、実はトイレ失敗しやすいのです。

トイレとベッドの距離がなくクルクル回っているうちにはみ出し仕方ないのですが、そもそも犬は自分の寝床を汚さない習性があります。

ベッドの横がトイレでは人間も嫌ですし、鼻の効く犬にはもっと嫌でしょう。

なるだけ我慢して部屋に放してもらえた時、ケージから離れた所でオシッコをするのです。

この経験をするとさらにトイレを使わなくなります。

 

子犬がトイレを覚えやすい環境づくり

わかりやすい環境づくりとして、ケージはトイレとして使います。

それと同時に、クレートは個室として寝たり食べたりして過ごす生活を始めましょう。

 

 

子犬の1日の流れは、

クレート(寝る)⇒起きたらトイレ⇒遊ぶ⇒クレート(寝る、ゴハン)

を繰り返すイメージで、おおよその時間で管理するとわかりやすいでしょう。

トイレに誘導する際、クレートのドアを開けケージに直結します。

抱っこはせず、自分の足で寝床からトイレまで歩く経験をさせましょう。

 

 

排泄するまでの数分間は付きっきりで

トイレトレーニング中のお子様がひとりでトイレに行けないのと同じと考えて下さい。

付き添っていれば、ウンチを踏んだり、食べたり、シーツで遊んでしまうことも防げます。

排泄までの間は「ワンツーワンツー」や「トイレ、トイレ」など、コールをかけ続けてみてください。

今後、コールを聞くだけで尿意をもよおします。

子犬がトイレを100%覚えるまで気を抜かず、トイレコール、ご褒美も与えましょう。

 

犬のしつけとは

「犬のしつけ」というより飼い主さまが犬をコントロールし、リーダーシップを発揮するお勉強なのです。

犬は案外すぐ覚えてしまうのでご安心下さい。

不用意にご機嫌伺いをして犬の下僕になり下がらず、頼れるリーダーでいてください。

 

カウンセリングでは、我慢をさせるシーンや大きな声を出す時もあります。

犬は怯えるどころか私に興味津々、むしろ釘付けなのをご覧頂けます。

メリハリがあるからこそピリッとして、褒められたら大喜びするのです。

タイミングやポイントを知り、カワイイ愛犬のコントロールを学んでみませんか?