ペットと一緒に美味しいを楽しみたい!

今回は高野豆腐をピックアップします。

 

私、乾物は苦手でした。

苦手な食べ物があるなんて人生損してる。

度々チャレンジし、やっとその美味しさに気づきました。

今や高野豆腐と麩は常備品!

 

全ては飼い主次第?

飼い主が美味しい〜!と噛み締めているので、

今まで見向きもしなかった犬と猫も食べるようになりました。

 

高野豆腐の栄養素

植物性タンパク質、ミネラル、カルシウム、鉄、食物繊維…

イソフラボンは、ペットの三代疾病のガン予防に。

ビタミンB群は、疲労回復、細胞修復、発育促進。子犬や高齢犬に必要です。

カリウムは利尿作用が有り、腎臓に心配がある犬にオススメです。

 

アレルギーにお悩み

大豆製品は低カロリーの植物性タンパク源です。

動物性タンパク質のアレルギーを持つ犬が多いです。

フードだけに頼っていると、病院通いは続くし、フードジプシーになってしまいます。

同じ物に頼らず、いろいろな物を食べることもおすすめします。

大豆製品の効果

大豆製品は豆腐、油揚げ、オカラ、いろいろありますが、その効果に違いは無いそうです。

例えば、

豆腐やオカラはダイエットのカサ増しに。

食欲がない時には厚揚げ、油揚げ。

腎臓対策にだし汁を吸わせた高野豆腐。

なと、工夫も出来ますね。

 

オススメの与え方

犬の知育玩具に高野豆腐を入れると、ずーっと舐めて格闘しています。

それに、早食いの犬も猫も、フードを与える際の妨害として一緒に入れます。

フードを入れたら、一緒に水分を摂るのが理想ですから、水やお湯でひたひたにします。

そこに高野豆腐をポンと入れておくと、「邪魔!」と思いつつ、

必死に前後左右からベロを伸ばして食べています。

犬の場合、フードの汁を吸った高野豆腐を最後に食べています。

猫は残しますが、次回細かくして与えると一緒に食べてくれます。

 

何事もチャレンジ!

ペットの食は、解釈を間違えた情報が多く目に付きます。

なんでもチャレンジしてみて、ダメだったら止めればいいだけです。

もしかしたら、飼い主さまもコレ旨っ!って物があるかも知れませんから、

ペットと一緒に食を楽しんで下さいね。