気温差が激しいこの季節。

鼻をかむまでもない程度の鼻水がとっても邪魔!

コレ程度のことで服薬し、肝臓に負担を掛けるのも嫌です。

野性的に気合で乗り切りたいところ。

 

まず、寒暖差アレルギーの原因は自律神経の乱れです。

・ストレスを避ける

・運動を心掛ける

・食事や睡眠を最優先

といった、よく言われる生活習慣の工夫は避けて通れません。

 

というわけで早速。

食とストレス対策に、控えめにしていたお肉をガッチリ食べました。

効果は分かりませんが、命をいただき不思議なパワーがみなぎるような。

改めて、食べ物の効果を感じました。

 

寒暖差アレルギーは筋力不足の人が多く訴えるそうです。

でも、風が強くて、とても出かける気にはなれません。

この季節だけお稽古や、スポーツクラブを検討するのもいいですが、

ショッピングモールをぶらつくだけでもかなり効果があると思います。

なぜなら、私はたまにしか行かないのでドッと疲れますよー。

 

そして、睡眠は最高のビタミンと言われます。

しかしやることは山のようにあり、寝てたらもったいない!

 

特にPC作業は没頭し、真夜中ならまだしも早朝まで取り掛かってしまいます。

慣れない作業に途中で止めるとわからなくなるのも嫌ですし、

覚醒していて疲労を感じないのもこれがまた気持ち良いのです。

 

そんな私は、寝ることを攻めで行くしかありません。

眠気を感じたら、タイマーを15分に設定。

眠気サンキュー!と、潔く寝ることを意識づけています。

こんな私の春先の乗り切り方でした。