先週くらいから妙に鼻がムズムズします。

鼻水が出ると言うほどではないけれど、年に数回するかしないかのクシャミを頻発。これは異常事態!

偶然にも親友のアヴュールさんが同じ時期にクシャミを連発し、食欲が落ちたそうです。

やはり、身体の異変を感じたら、消化吸収に費やすエネルギーを身体の修復に回すのですね…

さて、愛犬が食欲が落ちた時。

すぐさま病院に飛び込んではいませんか?

原因があって鼻水なりの症状があり、身体が戦っているのです。

動物には健康を維持する調整能力と治癒力が備わっているのに、わざわざ必要な菌を殺すなんて。

なんて余計な事をしてくれるんだー!と言いたいことでしょう。

食べない飲まないくらい、高齢や闘病中でもなければ、本人に任せておけばいいのです。

むしろ人間もそのくらいの意気で体調を管理したら、国の予算を圧迫している医療費の助けになるのではないでしょうか。

ところで、鼻の奥が乾きキンキンしたり、クシャミの原因が気になるので調べました。

東京都健康安全研究センターのデータによりますと、ここ数日、ヒノキ花粉の飛散数がここ5年にはないほど多量となっているそうです。

ピークは過ぎたとはいえ、去年に比べて飛散が多いというのに、ガードがゆるんでしまうこの暑さ。

気候が良いし、カラリと窓を全開にして家中に風を通したいものですが、見事に花粉が舞い込んでいるそうです。

花粉情報も群馬県は軒並み「やや多い」暑くなり乾燥予防のマスクも最近していないし、見事に影響を受けていた様です。

近年は体質に加えてストレス、食生活、大気汚染、化学物質の増加も影響を与えていると考えられ、アレルギーは現代病の一つともいわれるようです。

うんちくだけ垂れている私と違って、4日ほど断食をしたアヴュールさんは体調も元通りで元気一杯!

断食って素晴らしいですね。

 

わかっちゃいるけど、私は病院に行こうかな…