ミニチュアピンシャーの茶太郎さんがお泊りに来てくれました。

 

顔馴染みのはな君が遊びに誘っても、なぜか笑顔で固まったまま…

置物化した茶太郎さん。

はな君、諦めました…

 

恐らく、始めて会うチワワ女子が影響したようです。

その証拠にチワワ女子の帰宅後、かぶっていた猫はどこへやら。

いつもどおり、甘ったれで元気な坊やに戻りました。

 

観察していると、犬の男子女子の関係には遠慮があります。

男同士なら怒るところを、ソソッと身を引いたり、

お行儀よく静かに振る舞うシーンはかなりありますヨ。

 

そんなご報告をさせて頂くと、

 

茶太郎ですが、最近「愛沢さん」というと、

「え?行けるの?」と目をキラキラさせて首を傾げるようになりました。

 

相当楽しめて、いいストレス発散になっていることと思います。

 

お泊りが楽しんでもらえるなんて、光栄です。

 

私が好き、というより、

私が率いる犬たちと出会い共に過ごすのが、

安全で楽しくて刺激的なのでしょうね。

 

ただ預けるのはもったいない!

少しの滞在でも良い社会経験が出来るように、安全にお導きさせていただきます。