犬の首輪に鑑札を付けましょう。

うちの子は逃げないから、なんて過信は禁物です。

犬鑑札
柴犬のあんずちゃんは装着

 

というのも、毎日犬のお世話をしていて、

ヒヤッとする思いをたくさんしているからなのです。

 

せっかくお金を払って犬を登録して管理してもらっているのです。

万が一の時は、鑑札の登録番号でいち早く身元が分かり、確実に飼い主の元に戻れるのです。

使わないのはもったいない。

犬鑑札
柴犬のあいちゃんの注射済票

 

わざわざカワイイ名前札を別注で作るのもいいですが、

オシャレな物ってわりと見ずらいですし、

今どきの鑑札も狂犬病予防の札も、カワイイもんですヨ!

 

犬鑑札
ミニチュアピンシャーの茶太郎さんはリードに両方

首輪が外れたら意味ない、と言ったらキリがありませんが、

室内でチャラチャラうるさいのが嫌なら、

リード側に常に付けておくのはいい考えだと思います。

逃げられる時、リードごと手放してしまう事もあるはずです。

 

また、ペットの里親募集情報「ペットのおうち」では、

登録をするとIDタグを無料でもらえます。

ペットプロフ

 

こちらのタグ、確かにオシャレなのですが、

ネットで登録するのが面倒くさいのと、

ペットの名前では無く数字の羅列で来るため、

多頭飼いだと面倒くさいです。

 

そもそも、保護したら警察と保健所に届け出ますから、

やはり鑑札が早いのではないでしょうか?

今はオシャレなケースもあるのですね。

犬鑑札

スピカちゃんが小さな体にデカデカと装着していました。

負担、どころか黄門さまの印籠みたいでいいじゃないですか!

 

小型犬だから首に負担、と考えるより、

首周りの筋肉強化!と考えてはいかがでしょうか。

▼犬鑑札のケースがあれば擦れて見えなくなることもありませんね。