愛犬と暮らすお悩みで、吠えや破壊が酷くなるのが1歳を超える頃。

自我も芽生え、大人びて、口達者になる中高生くらいのお年頃でしょう。

 

そして、子犬から飼い始めたなら、人も犬もお互い暮らしに慣れる頃です。

蝶よ花よと愛で可愛がり、ご機嫌を伺いながら、

飼い主はシモベとして地位が定着する頃とも言えます(実体験)

 

なので、小さくて可愛くても、すごいパワーを秘めているのですよー、と

犬同士が遊ぶ動画を送らせて頂きます。

犬の姿を知る
ほとんどの犬はエネルギーの発散不足

 

そして、誤解されている可愛がり方。

頭を撫で、身体を触ることは、犬にとって起爆剤になり、興奮状態におちいります。

その子の今の精神状態によっては、ありがたい事ではないと知っていただきます。

 

とは言え、野生ではなく人間社会に暮らすので、触られる事は避けて通れません。

どこを触られても平気なように慣らしていきます。

見知らぬ方にも触っていただくこともあります

 

実は、可愛いですね!と声をかけてくれる犬好きサンの場合、

容赦のない触り方をしてくださる場合があるので、飼い主さまは要注意です。

 

普段、犬が撫でられて喜ぶのは、自分のおうちで、飼い主さまだから!の場合があります。

突然知らない人に、可愛いね!と体を触られたら、いかがでしょうか。

何もしてないのに、いい子だね!と褒められても意味がわかりません。

 

なんでも喜ぶハッピーな犬もいますが、その子のタイプとうちの子は別なのです。

うちの子には無理強いしない様に気を付けましょう。

 

触る、撫でるとは、手を使う人間の行動で、犬にはない習慣です。

犬の習性を理解したトレーニングや暮らし方が最近の流れです。

飼い主さまがガマンしなければならないことも多くあるのですが、

それも習慣づくりの間だけです。

メリハリさえつかんでしまえば、夢に見た一緒にくつろぐ風景が手に入りますから頑張りましょう。

 

トレーニング中に試行錯誤して、良い結果を出せたものは一式お持ちします。

道具は大事
大好物ばかりだから頑張るヨ!

少しでも早く慣れてもらうために、1ミリでも無駄なことに脳のリソースを使わせたくありません。

新しい習慣が出来上がり定着する3、4か月間ほどは、間違いなく成功に導けるスペシャルな物を使って下さいね。

 

凱旋帰宅したら、日々の習慣づくりを引き継ぎます。

今日からご家族がトレーナーになるのです。

引継ぎレッスン
どこの家庭もママが最高のトレーナー

 

百聞は一見に如かず。

必要な声の大きさ、対応のスピード、

その時の対応と解説がつくのもわかりやすいと思います。

飽きるまでサポートを致しますからご心配はありません。

 

ただ、犬も人も成長しますし、生活環境は変化します。

その時の状態に合ったトレーニングなので、有効期限は数か月です。

今後、別の問題が発生することは十分にあり得ますが、

今のトレーニングが無駄になった訳ではなく、隙があった別の角度からの問題です。

その都度対応を考えれば、今より早く解決出来るでしょう。

 

犬との主従関係や上下関係の考え方は人それぞれです。

私はどれもいいな、と思います。

怒るし誉めるし、色々な人の考え方や手法を有難くいいトコ取りをし、

早く飼い主さまが望む結果が出せる様に向き合っています。