愛犬に鹿の蹄を与えたことはありますか?

小型犬も大型犬も、子犬も老犬も夢中になって噛んでしまう、

普段では見ることのない野生的な姿に驚くかも知れません。

デンタルチューとは?

デンタルチューは、ニュージーランドの自然放牧で育った鹿の蹄を使用しています。

エアドライ製法で乾燥させ、燻製にしているので、病原菌を排除し原材料の栄養素を守ることができるのです。

品質の安心感、製造の信頼感があり、長い時間齧れて、本能欲求を満たしつつ、口腔内をキレイにしてくれるオヤツは他にあるでしょうか。

 

歯磨きガムや牛の蹄との違いは?

歯磨きガムや牛皮のガムは柔らかく、お腹が緩くなる成分が合わない子もいるでしょう。

犬は噛み砕いて、飲み込めるサイズになったら丸呑みする動物です。

丸呑みしても胃は人より強いとはいえ、嘔吐下痢を引き起こすのは困りものです。

また、牛の蹄のようなツルツルした形状は、力いっぱい噛み合わせた時に口の中で滑ってしまい、歯同士がぶつかり欠けてしまうのです。

その点、鹿の蹄は外側を繊維が絡んでいるので簡単には解せません。

 

天然のオーラルヘルスケア

オーラルヘルスケアというくらいで、鹿の蹄をかじると口の中がきれいになります。

なぜなら、蹄の先端だけでなくアキレスや肉の繊維が残っています。

与えると奥歯の左右で噛んだり、前歯でトウモロコシの様に肉をむしり取る様子がご覧いただけるでしょう。

口腔内のあちこちを使い噛むことで、歯垢、歯石の沈着を抑え、口臭を軽減するのです。

定期的に齧っている子のお口はすぐにわかります。

 

ニュージーランド産に意味がある

ニュージーランドは、非常に厳しい防疫管理と法規制で守られ、BSE、口蹄疫等疫病がありません。

家畜は自由放牧なので、草食動物らしく牧草を食べられる環境で育ちます。

ZIWI社の契約農家はトレイサビリティが徹底しており、家畜の飼料だけでなく、牧草が育つ土壌にも薬品を使いません。

現在、世界中がニュージーランドの市場に集まり、食材の価値が高騰しているのです。

デンタルチュー&マロン
チワワマダムもエレガントに頬張ります

 

日本の拘束飼育を見直すためにも「選択しない」アクションもあるのです。

犬という肉食動物を飼育するなら、原材料のことも知っておきましょう。

 

デンタルチューチラシ
モデルさん大募集!