クレートは、犬が落ち着いて休める個室です。

普段の寝床として、車や電車、飛行機での移動にも使えます。

万が一の災害時、落下物から身を守り、逃走予防が出来ます。

 

そして、管理された空間は犬と人の生活ルールが作りやすく、

人社会に慣れる為のトレーニングにオススメ致します。

 

クレート(crate)とは、輸送に使う梱包箱の呼び名です。

ペット用具の名前としては浸透しておらず、

ハードキャリー、バリケン、ケージと呼ばれます。

素材はポリプロピレン製で頑丈。金属製のドアが付いています。

 

バリケンネル(Vari Kennel)とは?

略してバリケン。

ペットメイト社の商品名のことで、クレートです。

世界中で使われているメーカーで、頼りになる重厚感。頑丈な作りです。

中型以上の力のある犬におススメです。

 

ケージ(cage)とは?

鳥カゴみたいに金属製の細い棒状で囲われてます。

中がよく見える分周囲の影響を受け、要求吠えや興奮の原因になりやすいです。

落ち着かない場合は布を掛けるなど対策が必要です。

金属部のサビや接合部に菌が付着するので衛生管理が難しく、動物管理施設で感染症の原因になりました。

不安がある場合は潔く廃棄したほうが良いでしょう。

 

ソフトキャリーとは?

布やビニール製で開口部はファスナーが取り付けられています。

犬も猫もファスナーは簡単に開けてしまいます。

入れたまま目を離す事は止めましょう。

フレームのないソフトキャリーは形状が安定せず、動物を疲れさせます。

 

スリングの抱っこスタイルも同じく、動物の自然な体勢を維持出来ません。

長時間の使用や、公共交通機関での移動は避けましょう。

犬用クレートのサイズ

クレートを選ぶポイントは、中で向きが変えられる程度の広さで充分です。

なぜなら、神経質や怖がりの犬は中で動き回ってしまい、さらにストレスを生みます。

輸送時には無駄な空間があると中で踏ん張れず、疲れさせるし急ブレーキ時に危険です。

 

トイレトレーニング中なら、クレート内に空間が有るとオシッコをしてしまいます。

多少の我慢を覚えることもお互い快適に暮らす為に必要です。

 

【エアトラベルキャリー】


頑丈なのに軽量で、移動の多いご家庭にオススメです。

ドアの開け閉めがしやすく、お皿が付けられるのも良いです。

【テトラペットスイート】

軽量でお値段が手頃、分解清掃しやすく今わたしの一押しです!

軽量な分、中型以上の犬を入れたまま運搬するのはサイドの接続部が心細いです。

室内でハウスとして、または自家用車で犬を囲う為の目的なら良いでしょう。

 

お手頃な分、製造誤差なのか、ドアの開閉が困難な物もあり当たり外れが大きいです。

 

【リッチェル キャンピングキャリー・ダブルドア】

S、Mサイズは、天井が透明なので明るく、上から様子がわかります。

出し入れがしやすく、猫にオススメです。

ただ、天井の開け閉めの際、持ち手が滑りやすいのが難点。

うっかり手を滑らすと、大きな音でバターン!と閉まります。

 

室内に凹凸が少ないので、汚れが溜まりづらく清掃がしやすいですす。

 

S,Mサイズは高さが無いので、背の高い犬にはおススメしません。

Lサイズは高さも十分、タイヤ付きになり、移動が便利です。

折りたためるタイプは分解が出来なくて、重さもありオススメしません。

 

まとめ

クレートは1頭に1個です。

心身を休める為に使う個室なので、

大きなサイズに何頭も入れて使うものではありません。

 

良い環境を整えてあげることが愛情です。

 

不安やストレスを抱えて生きる犬が1頭でも減ります様に、

犬の行動と習性をご理解頂き、参考になりましたら幸いです。