ある日のペットホテル。

Crate

遊び疲れたら、それぞれのタイミングでクレートに戻りました。

 

たまたま掃除のあと陽に当てていたのですが、

逃げ場を作ってあげるのは良いな~と思いました。

 

実は、部屋間違いもあります。

Chair games

私のお部屋が無い…

ワザと他人の部屋に入ったり、興味津々なのです。

 

本当はドッグランにもクレートを持ち込めたら良いのでしょうね。

 

さて時々「家では自由に過ごしているので、自由に過ごさせたいのですが…」

と問い合わせを頂きます。

 

当店では「ケージレス」どころか、更に難易度の高い「クレート」で過ごします。

 

その理由は、自宅ではなく飼い主もおらず、

知らない犬がいる環境では、犬は身の安全を守るのが精一杯です。

 

まず、周囲から身を守れる安全な環境を用意する必要があります。

それに、狭い空間で動き回ることが出来ない事は、

周りの出来事に振り回されることがないので、犬を落ち着かせます。

そして、そのまま移動が出来るので、有事の際は避難がスムーズです。

 

広い共同の空間で、ポンと置かれたベッドでくつろげると思いますか?

気の合わない犬がいたら、ずーっと警戒したまま、

逃げ回って、または虐められて過ごす事になります。

 

共同の部屋は、避難所や病室を想像してみて下さい。

 

どうしてケージやクレートはダメだと思うのでしょう?

 

犬が「嫌がるから可哀想」より、安心だと「知らなくて可哀想」なのです。

 

また、ホテルに預けて具合が悪くなるのは、

ケージやクレートが原因ではありません。

 

平常心や忍耐、環境適応力、社会化不足で、

環境の変化に耐えられなくて免疫が下がり体調を崩すのです。

本来犬を育てる過程で、社会化がされていないのです。

 

家族全員が留守になる可能性があり、親戚知人に世話を頼めるとしても、

ご迷惑にならない様にクレートを覚えましょう。

 

そしてクレート管理は災害の備えです。

これだけ災害が続いているのだから、他人事ではありません。

 

正しい選択ができ、犬の行動や心理、欲求を満たして、

健康と安心を提供できる飼い主でいて下さい。

 

宜しければクレートを覚えるお手伝いをさせてくださいね。

▼参考商品▼エアトラベルキャリーは頑丈で作りもいいです。

 

 

▼参考商品▼ ペットスイートは安価で軽量です。