お泊まり中の犬たちは、その日のお客さまがご到着前までに、お散歩、ゴハン、トイレを済ませてクレートで待機します。

 

なぜなら、興奮して良いことは一つもありません。

 

人間はスポーツ観戦などして興奮しても、寝るなり、環境が変われば落ち着きますが、犬は体内で数日間くすぶっているそうです。

 

散歩で犬に会う、人に会うなど、すぐに次の興奮を迎えるので、興奮はどんどん重なります。

 

いつ耐えられなくなるかはその子次第。明日爆発するかも知れないし、一生耐えられるかも知れません。

ある日突然吠える、噛む訳では無いのです。

 

なので、興奮させない環境作りと同時に、こんな時はどの様に過ごしたら良いのか、人が指示を出し、犬は聞き入れられる関係づくりが必要です。

 

お泊りの犬たちは、来客に興奮しないように、知育玩具には余所見が出来ないくらいの美味しい物を入れて与えます。

迎える側が静かなら、ご到着の犬も怖がらず、早く馴染めます。

 

吠える、飛びつくなど興奮しやすい犬は、日々の生活で興奮させない環境を整えてみて下さい。

吠え対策